Story

資生堂グローバルイノベーションセンターは都市型オープンラボとして2019年4月に本格稼働しました。オープンスペースとなる低層階を中心としたお客さまと研究員の交流、国内外の外部研究機関・スタートアップとの連携、研究員の多様な働き方を生み出し、“多様な知と人の融合”が起き始めています。
プロジェクト名「fibona」の由来は、調和的で美しい比例関係を示す黄金比を表す数列「フィボナッチ数列」から引用し、その「普遍的な美」に資生堂の目指すBeautyへの想いをのせています。
「fibona」によって外部のユニークな発想やテクノロジーと資生堂が持つ美やサイエンスの知見を融合し、世界をワクワクさせる新たな価値を創造していきます。

fibona プロジェクトオーナー 荒木秀文より ~Beautyは世界を変える~
みなさんのユニークなテクノロジーと私たちの美に関するサイエンス・知見が融合したとき、世界を変えるBeauty Innovationが生まれると信じています。
外見だけでなく心も満たされるような価値で、一人ひとりが輝ける世界を私たちとともに実現しませんか。

fibona プロジェクトリーダー 中西裕子より 時代により、また一人ひとり、Beautyへの価値観は異なり、その多様さを約150年もの間、表現し続けてきた私たち資生堂。
そんな答えのないBeautyを共に創造し、1人でも多くの人に自信と勇気を与え、喜びや幸せをもたらすイノベーションに挑戦しませんか。
私たちの取り組んでいるプロジェクトは下記4つ。みなさんとご一緒できることを楽しみにしています。

①Co-Creation with Startups
ビューティーテック業界、またその関連業界を中心とするスタートアップ企業との共創を目指したアクセラレーションプログラムです。

②Co-Creation with Consumers
「S/PARK Studio」などS/PARKの施設やコンテンツを活用し、商品体験や使用後のフィードバックなどを研究員と生活者が直接コミュニケーションし、生活者のみなさまと一緒に商品・ソリューションを開発します。

③Speedy trial
研究によって生まれたテクノロジーのβ版をよりスピード感を持って市場に導入するために、クラウドファンディングサービスの活用やβ版ローンチプラットフォームなどへの積極的な出展を行います。より多くの方とのコミュニケーションを開発の初期段階から行い、多くの人にとって意味のあるイノベーションを目指します。

④Cultivation
ビューティー分野に関連する異業種の方々と資生堂研究員とのミートアップ(交流会)など、美に関する多様な知と人を融合し、ビューティーイノベーションを生み出す人の熱意やアイディアを刺激します。