FEATURE: S/PARK Studio

S/PARK Studio主催「プロから教わるランニング&一緒に冬のイルミネーションラン」レポート

心と体の美しさに加え、ピンと伸びた姿勢に、イキイキとした表情。そんな日常生活を送る上での“所作”の美しさにも着目する「アクティブビューティー」をテーマに、さまざまなプログラムを展開するS/PARK Studio。資生堂研究員によって考案されたフィットネスクラスや、「資生堂ランニングクラブ」のOGを中心としたランナーが講師を務めるランニングクラスなど、独自のプログラムが目白押しだ。

今回は横浜の絶景イルミネーションを巡るランニングプログラム「冬の街ラン プロから教わるランニング&一緒に冬のイルミネーションラン」をレポート。いよいよ冬も本番となってきた12月の上旬、参加者たちは期間限定のイルミネーションイベント「ヨルノヨ」によってライトアップされたみなとみらいを駆け抜けた。

この日は資生堂ランニングクラブから奥野有紀子と高見澤安珠が特別ゲストで登場。S/PARK Studioの會津容子とBEACHTOWN ランニングディレクターの西田憲孝さんと一緒にレクチャーがスタート。

S/PARKの1階に広がるコミュニケーションエリアにて、冬の街ランの際のランニングウェアやシューズの選び方や、おすすめの横浜街ランニングポイントなどについての話を紹介した。加えて、ランニングクラブの実業団選手からの貴重な体験談もあり、モチベーションがぐっとアップしたところで、しっかり身体を温め、怪我や事故などを防ぎつつパフォーマンスを上げてくれるウォーミングアップ方法を教わり実践した。

準備が整ったら、早速ナイトランへ出発。今回走るのは4km程度のコース。クリスマスのコスチュームを着た参加者も見られて、参加者たちは気合い十分だ。

この日はみなとみらい周辺の施設が参加する大型イルミネーションイベント「ヨルノヨ」の開催期間中。みなとみらいエリアに複数のライトアップされたオブジェやデコレーションが登場し、それらの中心に位置するメイン会場では、巨大な光のドームが鎮座する光の庭園のような空間が作り上げられていた。

CROSS NIGHT ILLUMINATION「ヨルノヨ」公式WEB
https://yorunoyo.yokohama

参加者たちはまずみなとみらい駅方面へと向かい、「横浜美術館」や「MARK IS みなとみらい」のあいだに位置する「グランモール公園」に入り、イルミネーションの施された並木道を走っていく。道幅が広いため、歩行者がいても走りやすいスポットだ。

道中には六角形のオブジェ「PORTAL」が設置されている。「ヨルノヨ」のオブジェとして計10か所に設置され、メイン会場である新港中央広場までの道のりを繋いでいるそう。人が通ると音とともに六角形に光が走る仕組みになっていて、走り抜けるのが楽しい。

並木道を抜けると見えてくるのは遊園地の「コスモワールド」。大きな観覧車を筆頭にライトアップされたアトラクションが次々と現れ、走る参加者たちから「わぁ〜!」と歓声が挙がった。その脇にある、大きな音符型のイルミネーションが散りばめられた「クイーンズパーク」は観覧車を背景に撮影できる絶好のフォトスポット。全員で集合写真を撮ったら、再びランニング開始だ。

次に見えてくるのは「横浜赤レンガ倉庫」や「コスモワールド」「マリン&ウォーク」といった、みなとみらいのアイコニックな商業施設の数々。ピカピカのビルやホテル、そして夜の海に浮かぶ豪華客船などを横目に走り抜けると、いよいよメイン会場に到着する。

メイン会場に入ると、大小さまざまなドーム型オブジェ 「CROSS DOME」 がお出迎え。ドームの中にも入ることができ、中では幻想的な音の演出を楽しむことができたりして、参加者たちは思い思いにその場を楽しんだ。

こうして、この時期だけのみなとみらいのイルミネーションを駆け巡り気持ちよく汗をかいた後は、温かいルイボスティーで水分補給して本日のナイトランイベントは終了。S/PARK Studioでは既存のランニングクラスに加え、こうした近隣地域・施設のイベントと連動させたスペシャルプログラムを不定期開催中。今年もさまざまなイベントが行われていく予定なので、ぜひお楽しみに!

S/PARK Studio
  • 電話番号:045-222-1603
  • 営業時間:17:00〜21:00(土曜・祝日9:00〜18:00)
    現在、予約制で営業しております。
  • 定休日:日曜